powerd by 楽市360

メバル釣り メバル属の種類

人気のメバル釣り(メバルフィッシング)ですが、メバル属には色々な種類の魚があります。
メバル属といわれる魚は、沿岸の岩礁域から深海の大陸棚斜面までたくさんの種類が生息し、食用魚として重要な種類がとても豊富です。
メバル属全体で見ると、メバルは小型種で、温暖な浅い海に生息しています。

<タケノコメバル>
メバルよりも大きく、全長が40cmほどでもある魚です。
表面には黄褐色の地に濃い褐色の斑点が散らばっていて、これがタケノコの皮の模様に似ていることから、この名前がつけられたとされています。
また、メバルほど目は大きくはありません。
食用にすると、メバルよりも身が固く、歯ごたえがあります。

<ウスメバル>
全長30cmほどで、体はうすい赤褐色で上半分に褐色の大きなまだら模様があります。
水深50m〜150mほどの岩礁域に生息し、体色や生息域から、別名「アカメバル」「オキメバル」とも呼ばています。

<トゴットメバル>
全長20cmほどで、ウスメバルに似ていますが、小型でまだら模様も小さいのが特徴です。
メバルよりも深い海域に生息します。

<クロソイ>
体長は50cmを超え、名前のとおり全身が黒くなっています。
キツネメバルとの違いは目と唇の間に3本の棘があるところです。
日本と朝鮮半島、中国北部の沿岸域に分布し、浅い海の岩礁域に生息しており、東日本では高級魚として扱われています。

<アコウダイ>
体長は60cm以上に達し、全身が鮮やかな赤色をしています。
太平洋側の水深500m〜1000mほどの大陸棚斜面に生息しています。
釣り(フィッシング)などで漁獲され食用になりますが、釣り上げた際は急激な水圧の変化でうきぶくろが膨張し内臓を圧迫するため、目が飛び出た状態で上がってくるのが特徴です。
これゆえにアコウダイには、「メヌケ(目抜け)」という別名があります。
posted by メバル釣り at 00:00 | メバルフィッシング

メバル釣り(メバルフィッシング)は楽しい

こうやって毎日日記のようなものを記していて思ったりするのですが文章を書くのって意外と難しいです。表現するのが得意じゃないほうですから何かを書こうとすると時間がかかります。けれども日常では言葉を書く機会がまずないですから、頭の体操だと思ってやっています。

本日のメバル釣り(メバルフィッシング)の勉強はいつもより気合を入れてやりました。メバル釣りの学習もいいところまでいきましたので、本日のところはこれくらいにしておこうと思います。
いったんこうインターネットをやってしまうといつもやめられないのですがそろそろ食事の準備もしないといけませんしね。それにしてもメバル釣り(メバルフィッシング)について勉強するのは楽しいですね。

さてさて、残されたことを終わらせておこうかと思います。布団に入る前にアルコールを入れると疲れが残らないようになります。心身ともに万全にして明日も一日メバル釣り(メバルフィッシング)の学習に取り組んでいこうと思います。
posted by メバル釣り at 00:00 | メバルフィッシング

メバルは何に利用される?

メバルの旬の季節は、冬から春で、釣りや籠漁などで漁獲されます。

メバルは動くものに襲いかかる習性があるため、メバル釣りにおいては釣りえさも生きたスジエビなどがよく使われます。

メバルは群れを作って泳いでいますので一旦釣れ始めると続けて釣れることが多いのがメバル釣りの特徴です。
メバルにはオニオコゼのような毒こそありませんが、鰓蓋や背びれの棘が鋭いので、メバルを扱うときは手袋やタオルなどを用意しておいた方がいいでしょう。

人気のメバル釣り(メバルフィッシング)ですが、メバルは小骨が多く食べるのにけっこう手間がかかるのが難点といえます。
メバルは、脂肪が少なく、そして淡白な白身魚です。
メバルの食べ方は内臓を除いただけのものを味噌汁や煮付けなどにして、熱いうちに食べるととても美味しい魚です。
posted by メバル釣り at 00:00 | メバルフィッシング

メバル釣り・メバルってどんな魚?

メバル釣りは人気のフィッシングのひとつです。
メバルは、カサゴ目・メバル科に分類される魚の一種で、日本沿岸の岩礁域に多く生息する海水魚です。
食べてもとてもおいしい魚ですね。
ですので、メバル釣り(メバルフィッシング)はとても人気があります。

メバルは全長は最大で30cmほどですが、ほとんどは20cmほどの大きさです。
体はカサゴよりも左右に平たく、そして体高が高く、全身は黒褐色で、数本のぼんやりとした黒い横しまがあるのが特徴です。
またメバルは口と目が大きいさかなです。
メバルは漢字では「眼張」と書きますが、この「メバル(眼張)」という日本語の名前も、大きく張り出した目に由来しています。

メバルは北海道南部から九州、朝鮮半島南部まで分布し、海岸近くの海藻が多い岩礁域に群れをなして生息します。
メバルは肉食ですので、貝類、多毛類、小型の甲殻類、小魚などを捕食します。

メバルはカサゴのように底にとどまらず、岩礁付近を群れて泳ぎますが、垂直に切り立った岩場に沿ってホバリングするように立ち泳ぎすることもあります。
岩礁の間から温泉が湧き出ている海域では、温泉の上に集まって立ち泳ぎする姿もみられます。

メバルはカサゴと同じく卵胎生で、冬に交尾したメスは体内で卵を受精・発生させ、交尾の1ヶ月後くらいに数千匹の稚魚を産みます。稚魚は成長するまで海藻の間などに大群を作って生活します。
posted by メバル釣り at 00:00 | メバルフィッシング
  • seo

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。